HOME お問い合わせ サイトマップ

種生物学会 - The Society for the Study of Species Biology

Last Updated on 15-11-2017

種生物学会諸規則

■事業収入に関する規則

1) 事業収入とは、学会誌の発行およびバックナンバーの販売、図書の出版、講習会開催、学会誌(英文誌Plant Species Biology)の出版における補助などに伴う収入をいう
2) 本規則を変更する場合は、幹事会の承認を得なければならない
附則 本規則は2015年12月5日より実施する

■外部資金に関する規則

1) 外部資金とは、外部団体・組織などからの助成金や受託研究費、および寄付金をいう
2) 外部資金は一般会計とは別に特別会計にて管理・執行する
3) 一般会計から特別会計への繰入および特別会計から一般会計への繰入は、幹事会の承認を得て行うことができる
4) 外部資金の管理・執行は会則に定める会計幹事が担当する。会長は必要に応じて他の会員を幹事会の承認を得て外部資金の会計管理者として委嘱することができる
5) 本会計の管理者は、本会計の管理・執行状況を総会で報告する
6) 外部資金の管理・執行に関して、交付する外部団体・組織に定めがある場合には、これに従わなければならない
7) 本会計の会計監査は会則に定める監査委員が行う
8) 本規則を変更する場合は、幹事会の承認を得なければならない
附則 本規則は2009年12月12日より実施する

■片岡基金に関する規則

1) 本基金は学会賞の副賞あるいは会長が必要と認め幹事会の承認を得た他の事項に支出することができる
2) 片岡基金は一般会計とは別に特別会計にて管理・執行する
3) 一般会計から片岡基金への繰入および片岡基金から一般会計への繰入は、幹事会の承認を得て行うことができる
4) 会長は片岡基金の管理にあたる者を総会の承認を得て委嘱する
5) 片岡基金の管理者は管理・執行の状況を総会で報告する
6) 本会計の会計監査は、会則に定める監査委員が行う
7) 本規則を変更する場合は、幹事会の承認を得なければならない
附則 本規則は2009年12月12日より実施する

■選挙に関する規則

選挙管理委員会
1) 選挙は選挙管理委員会のもとで行なわれる
2) 選挙管理委員は幹事会が選出し会長はこれを委嘱する
3) 開票は3名の選挙管理委員立ち会いのもとで行なう。会員は開票に立ち会うことができる
会長・副会長選挙
1) 会則に定めがある場合を除き、全会員が会長・副会長の被選挙権を有する
2) 幹事会は会長・副会長候補として、4名以内の会員を推薦することができる
3) 投票は単記無記名とし、得票が同数の場合は年少者を優先する
4) 幹事会が推薦した候補者以外の被選挙権をもつ会員へ投票することもできる
幹事選挙
1) 幹事の定数は14とする
2) 幹事は、北海道・東北、関東、中部、近畿、中国・四国・九州・沖縄の5地区から、会員の投票による選挙によって選ばれる
3) 各地区から選出される幹事の数は、選挙公示日の2月前における地区の会員数を反映するようにドント方式により定める
4) 1名区では単記無記名、複数名区では地区定員数の連記無 記名によって行う。得票が同数の場合は年少者を優先する
その他
1) 会長、副会長、幹事として、同じ会員(それぞれに被選挙権を持つ場合)に投票することができる
2) 幹事会は選挙の円滑な実施につとめる
3) 本規則を変更する場合は、幹事会の承認を得なければならない
附則 本規則は2009年12月12日より実施する。

■学会賞に関する規則

学会賞の種類
1) 学会賞は「種生物学会片岡奨励賞」、「Plant Species Biology 論文賞」、「種生物学会ポスター賞」、「河野昭一ポスター賞」とする
2) 受賞者数は各賞ともに若干名とし、毎年選考を行う
3) 種生物学会片岡奨励賞は、自薦または他薦により推薦された学会員の中から学会賞選考委員会によって選ばれる。推薦者(自薦を含む)は、委員会の求めに応じて選考に必要な資料を提出する
4) Plant Species Biology 論文賞は英文誌に掲載された論文の著者の中から、種生物学会ポスター賞は種生物学会が企画する学術集会で行われるポスター発表の中から、それぞれの選考委員会によって選ばれる
学会賞選考委員会
1) 種生物学会賞選考委員会は、会長が委嘱する委員長および若干名の委員によって構成され、種生物学会片岡奨励賞の受賞者の選考を行う。委員の任期は3年とする
2) Plant Species Biology 論文賞は英文誌編集委員会によって選考される
3) 種生物学会ポスター賞および河野昭一ポスター賞の選考は、会長が委嘱する委員長および若干名の委員によって行われる
4) 各選考委員会は選考結果を会長に報告する
学会賞選考
1) 種生物学会片岡奨励賞は、受賞年の12月1日において満40歳以下で種生物学・進化生物学において優れた研究業績をあげた会員に授与する
2) Plant Species Biology 論文賞は、英文誌において優れた研究成果を発表したものに授与する
3) 種生物学会ポスター賞および河野昭一ポスター賞は、種生物学シンポジウムにおいて優れたポスター発表をした発表者の会員に授与する。なお、賞状等は筆頭発表者のみに贈られる
賞・副賞
1) 各賞の受賞者には賞状を授与する
2) 種生物学会片岡奨励賞は副賞として1件につき5万円を授与する。副賞の原資は片岡基金とする
3) Plant Species Biology 論文賞は副賞として記念品を授与する。副賞の原資は片岡基金とする
4) 種生物学会ポスター賞および河野昭一ポスター賞には副賞を設けない
附則 本規則は2014年12月5日より実施する

■その他
1) 本規則を変更する場合は、幹事会の承認を得なければならない

附則 本規則は2009年12月12日より実施する

種生物学会